Warning: include(/home/sites/heteml/users/x/r/o/xroads/web/hitmakers.jp/lp/head.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/xroads/web/hitmakers.jp/lp/it_manage/index.html on line 2

Warning: include(/home/sites/heteml/users/x/r/o/xroads/web/hitmakers.jp/lp/head.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/xroads/web/hitmakers.jp/lp/it_manage/index.html on line 2

Warning: include(): Failed opening '/home/sites/heteml/users/x/r/o/xroads/web/hitmakers.jp/lp/head.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.1/lib/php') in /home/users/2/xroads/web/hitmakers.jp/lp/it_manage/index.html on line 2

株式会社ヒットメーカーズ

ベンダーロックのない真にお客様重視の中小企業・店舗のIT経営支援
中小企業・店舗経営のビジネスパートナー

『中小企業IT経営ノススメ』とは?

IT経営ノススメ

OA(Office Automation):オフィスのオートメーション化と言われてから30年以上たち
企業だけのコンピュータから、個人にも当たり前なパソコンとなり、今ではパソコンの機能にも及ばないスマートフォンやタブレットが使われる時代となりました。
学校の授業にもパソコンの授業が予定されているように、もはやあって当たり前、活用して当たり前となってきている今
中小企業の経営基盤、経営課題解決の武器として、まだまだ活用されていると言えず、単に導入しているに過ぎない会社が多く
OAからITと経過している中、ほとんど多くの中小企業がITを利活用できていないと思われます。
(国の統計からも顕著に表れており、問題視されています。)
なぜ、日本の中小企業やベンチャー企業の多くが、ITを経営に活かしきれていないのでしょうか?
30年前に中小企業の経営システムに触れ、中小企業にこそITの恩恵を受けるべくと考え
大手企業の先端の業務システムや分析、マーケティング、そして開発環境や開発ツールなどの統合環境や
開発プロセス、プロジェクト管理、開発手法までもが色々と最適化されながら、もともとはかなり高度な専門的な技術職というイメージからは
慢性的な業界の人手不足という社会問題も重なり、今やほとんど誰でも簡単にIT業に就ける職種となってしまっています。
しかし、その実態は、英語を長く学校で習っていても、外国人とほとんど会話ができないという教育システムと同じく
ITも教科書やパソコンスクール、資格取得のために技術をなぞることしかしない教育システムと
拝金主義的なIT業界の企業体質(多重派遣や偽装請負などの人売り会社の乱立)によって、
技術者が育たない、技術の向上が見込めない、IT先進国のアメリカのようなものづくり的なプラットフォームベンチャー企業が
生まれてこないのも、良い面が多い日本の文化の悪い部分のみを残したまま前に進めなければいけない
資本経済第一主義なものを今こそ、見直すべきときが来ています。
AIが、シンギュラリティと言葉が生まれたように、人類と人間を超える脳を手にする前に、
立ち止まれないスピードの速い進化・進歩・発展の中でも見つめなおすべきとき、これからの人類の生き残りを賭した時期です。
そこで経営の本来の姿、「働く」ということ、「稼ぐ」ということ、「金儲け」とは何か見つめ
AIではほぼ理解不能な人間の「心」の部分としての「おもてなし」、「思考し判断する」こと
森友問題で話題となった社会のための「忖度」は、人間本来の能力であり、AIにはまだまだ未知な部分を開拓していく時代、時期です。
いつの時代でも大切で必要でもっとも重要な『人創り』を重要なテーマとして
「IT」と「経営」がそのためにもっとも大切な武器であり、空間・場所・ステージであること

ページトップへ